Home > International Games > SEA GAMES in LAOS 2009 セパタクロー種目制限

SEA GAMES in LAOS 2009 セパタクロー種目制限

14日のタイ各紙が伝えているところによると、次回ラオスの首都ビエンチャンで開催されるシーゲーム(SEA GAMES, 東南アジア競技大会)について、東南アジアスポーツ連盟の会合が行われ、予定どおり09年12月ラオス・ビエンチャンでの開催が確認されました。
実施される競技と種目が概ね決まりましたが、今回特に各競技ごとに各国が送りこむ代表選手の数に制限が設けられるようです。
全参加国に広くメダルの機会が増えるようにとの狙いがあるとのこと。
セパタクローは、7種目(内訳不明、おそらく男女チーム、男女レグ、男女ダブル、男子フープと推察)のうち、1つの国が4種目にしか登録できないことになりました。
タイの新聞は、金メダルの稼ぎ頭であるセパタクローに関するタイを狙ったような制限に不満気味の論調です。
いいことでもあるような悪いことでもあるような、微妙なコントロールですが、タイが参加しない種目で金を取って果たして他の国は嬉しいかと考えれば、やはりこの制限はその趣旨は理解するもののセパタクローファン的にはちょっと楽しみ減かもしれません。
 
==
ラオスが東南アジア競技大会の開催地になるのは、1959年第1回大会以来、初めてのことで、当初から開催能力を危ぶむ声が少しあり、今回確認されたあともしばらくはそういった話題は出そうですが、がんばって開催成功させてほしいと思います。ラオス・セパタクロー協会の友人を頼って観戦に行きたいところです。
Advertisements
Categories: International Games
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: