Home > 未分類 > TTL2016の日程決まった模様

TTL2016の日程決まった模様

日程表が流れてきたので見てみた。

クラブチームの入れ替わりが目立つ。

ここ数年、開催自体を含め全体の運営が不安定なTTLだが、今シーズンも傾向に拍車がかかっている。

年初から一応いろいろ関係者に取材して様子を聞き、今シーズンの動向を予測してきたが、最後まで参加クラブチームはそろう気配に乏しく、どうやら最後にバタバタ調整したと考えられる。

7月8日開幕、10チームがホーム&アウェイの18節で約4か月のシーズン。

チームがそろう前に開幕スケジュールが決まってしまったので、クラブ数を減らすのではないかと予測もしたが、そろってしまった。

近年、数少ないクラブ経営優等生のラーチャブリーが聞いていたとおり不参加。

コラート(ナコンラーチャシマー)が数年ぶり復活。

チョンブリが2年ぶり復活。

パトゥムタニが新設された。

チョンブリ復活といっても、ちょっと考えていたのと違った。

クラブ名は県名をつけなければいけない縛り、チョンブリの本拠地はパタヤで、経営の主体がパタヤ市と海軍の共同という形で長年やってきた。

日程表にクラブの名前を見て、今年は参加見送りと聞いていたので驚いてパタヤ=海軍のクラブ幹部にメッセージで「見ました、おめでとうございます」とやってしまった。

実はチョンブリという名前で別の主体なんだ、ということを彼から言われ、メッセンジャー上だがちょっと気まずい感じに。。。

「来年、来年だ」と彼は締めくくっていたが、各県に1つという決まりではなかったか。どうするのだろう。

でも、実際そろそろ根本的なリーグ全体の見直しが必要であり、前回のこのブログ投稿でぶっちゃけ宣言的なものを書いたが、そもそも次をどうするか、という関心にすでに偏っているので、これまでの延長としての来シーズンはこのアタマの中ではリアリティがもはや薄い。

単純に言ってビジネスとして成り立っていないリーグだが問題はただその経営と運営であって、中で行われている試合は、シュールなくらい環境と関係ないレベルの高さと質をずっと維持している。

本質的に牧歌的なのだ。

スポーツビジネスとしてまともな形にする、というずっと関わってきた目的は変わらないが、それとは関係ない次元で、セパタクローを楽しむ身にとっては、世界最高の場であることもまた変わらない。

コアなタイ人のファンも基本同じことである。熱意持って取り組む関係者も同様。

公的な資金が上から降ってきて、それで何とかやれる限り、その牧歌的良さがアダとなって、ビジネスへの価値変換の契機を奪う、その皮肉の構造のまま、また今シーズンが始まる。

Advertisements
Categories: 未分類
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: