Home > 未分類 > タイの女子リーグ的な

タイの女子リーグ的な

長年、女子のプロリーグもやるやると言われ続けてきて、もうおそらく10年近くになる。

男子のほうもプロと呼ぶには不完全な状態から上向かない運営なので、同じような形式は無理だろうという共通認識は関係者にあったと思う。

Thai PBSというTV放送局が、女子の「シリーズ」をやるという。

この「プロやるやる」の話(構想)を受け継いでいる部分はあるだろう。

本物のプロかどうかは今の状況ではそんなに重要ではない。

それにつながるようなもの、「っぽいもの」で良く、ポイントは運営とゴール設定のみにあると言い切って良い。

ところで、Thai PBSという放送局は、報道専門という色で、ややお堅いイメージをずっと保ってきた。

地上波のSemi”民間局”4+公営1の次くらいに位置する規模で、このへんからタクローへアプローチが急に来るとは意外な印象を持つ。いい意味で変わってきたというのを期待する。

スポーツも報道の流れで、視聴者獲得のために強化しだしたのかもしれない。

サッカーやバレー、ゴルフ、バドミントン、ムエタイなどの人気スポーツは、誰それかの手がもうついているので、競技人口では十分メジャーなのにビジネス化が全く進まないタクローに、ニッチ的な形でやってきたものと推測できる。

で、ちらっとFacebookなどでKVなんかを見てみると、ロゴの一部が限りなく国際セパタクロー連盟殿のスーパー○リーズにそっくりでビビる。

専門用語でパクリという。

さすが知的財産権不毛の国。本領を発揮しているが、準メジャー放送局のそれだけに、こんなことには慣れたこの身にも久しぶりに脱力効果大きめの一発だった。

Advertisements
Categories: 未分類
  1. No comments yet.
  1. No trackbacks yet.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: